プロペシアという薬はご存知ですか?プロペシアは薄毛治療に用いられる薬で育毛効果が望めます。しかし、プロペシア服用で下半身が萎えてしまうという副作用もあります。そんなプロペシアについて伝えます。

若い女性と白い錠剤
  • ホーム
  • プロペシア服用でEDになることも

プロペシア服用でEDになることも

髪がきれいな女性

プロペシアの副作用に性欲減退や精子の数が少なくなる報告があります。
これによってED勃起不全になる可能性もあります。
あまり顕著に表れる症状ではありませんが、最近は若い人も薄毛になる割合が多くなっており、これから結婚し家族を持つような世代にとっては死活問題になることもあります。
仮にプロペシアを服用してEDになったとしても、服用を中止すれば改善する割合の方が多いです。
もしプロペシアを手放さずにEDも改善しようとして、バイアグラ等に医薬品を併用するとします。
ただそのとき勃起不全が改善するのかどうかは不明です。
プロペシアを服用して勃起不全が起きないのは性欲の減退が問題であり、EDといった血液が起こすメカニズムとは違った要因で起きる勃起不全になっています。
ED治療薬を用いても、改善する可能性はよくわからないのが現状です。
それに踏まえて精液のなかにプロペシアの主成分であるフィナステリドが含まれているのも気になっている人もいるでしょう。
女性がプロペシアを服用したり、触るようなことがあれば、胎児に悪影響を与えると言われていますので、気になる問題です。
その場合はあまり心配する必要はありません。
精液にごく微量のフィナステリドが含まれている可能性があるといった報告はあるものの、ただちに悪影響を与えるとは考えにくいとされています。
ただつい最近出てきた医薬品ですので、確実な調査結果はもっと先になるとされています。
性欲減退の問題も、プロペシアがどんな作用を引き起こして、そのようなことが起きるのかはまだ解明されていません。
男性ホルモンであるテストステロンを直接阻害するわけではありませんので、性欲の減退が起こるメカニズムも解明されていないのが現状です。

最近の投稿
    アーカイブ