プロペシアという薬はご存知ですか?プロペシアは薄毛治療に用いられる薬で育毛効果が望めます。しかし、プロペシア服用で下半身が萎えてしまうという副作用もあります。そんなプロペシアについて伝えます。

若い女性と白い錠剤
  • ホーム
  • 自毛植毛や頭皮マッサージとプロペシアについて

自毛植毛や頭皮マッサージとプロペシアについて

髪が長い女性

プロペシアはAGAの治療に利用される医薬品で、別名5α-還元酵素阻害薬と言います。
プロペシアに成分はフィナステリドと呼ばれている医薬品で、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として使われているものです。
前立腺肥大症の患者さんに投与した所、髪の毛が生えて来ると言った副作用が起きる事が解り、開発を行ってAGA治療薬として登場したのが始まりです。
尚、前立腺肥大症の治療の場合には5mgのフィナステリドを処方する必要が在りますが、AGAの場合には1mgの量で良いと言った違いが在ります。

プロペシアに含まれているフィナステリドはホルモンを調整する働きが在る事からも男性機能を低下させると言った副作用が在ると言いますが、病院で処方を受ける場合には血液検査を受けるなど、薬の作用についての確認を行った上で処方が行われるのが特徴です。
AGAは進行型の脱毛症で毛母細胞が死滅してしまうと、薬などによる治療では効果が得られなくなる事からも早目に治療を受ける事が大切です。
頭皮マッサージなどを行う事で血流を高める事が出来るため、薄毛対策としてプロペシアを使用する時などは頭皮マッサージを行う事も良いと言いますし、プロペシアと一緒に処方されることが多いのがミノキシジルで、育毛剤としての効果を持ちます。

尚、プロペシアやミノキシジルは医薬品と言う事からも副作用のリスクが在り、副作用を不安に感じる人の中には自毛植毛と言う方法で薄毛治療を行うケースも在ります。
AGAの症状の多くは前頭部や頭頂部などに広がりますが、悪玉脱毛ホルモンは後頭部への影響を受け難いと言った特徴が在ります。
そのため、後頭部に生えている自毛を薄くなった部分に植毛する事で、悪玉脱毛ホルモンの影響を受けずに髪の毛を成長させることが出来るようになると言われています。